FC2ブログ

プロフィール

iyori

Author:iyori
iyoriはただ静かに暮らしたい・・・

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

月別アーカイブ

カレンダー

11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
RSS

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す

   

少し困ってた

関東地方珍しく雪すごかったですなー
わたくし東京在住なんですけどここ数年雪降りすぎでバイク通勤のみとしては勘弁していただきたいところであります・・・

さて1度記事に書いてそれっきりになっていた3Dプリンター「SCOOVO C170」を取り上げようと思います。

あの記事から他にもthingiverseから3Dデータを拾ってきてプリントしてました。
スクリーンショット 2014-02-16 (3)

「Slic3r」のビューで見たデータです

01.jpg
積層ピッチ0.1mm ホットエンド温度220℃ 充填率100%
すごくグズグズです・・・

02.jpg
積層ピッチ0.2mm ホットエンド温度220℃ 充填率100%
0.1mmより良さそうですが積層痕が目立ちますね

03.jpg
積層ピッチ0.3mm ホットエンド温度220℃ 充填率100%
0.3mmになると荒いですね
裾に付いているのは造形中に剥がれや浮きを防止するための縁付けです。

L01 C02 R03
左0.1mm 中0.2mm 右0.3mm
上部からです。荒目だけど0.3mmが一番階段が作られているように思われます。

全体的に積層があまり綺麗じゃないなーと思ってたらなんやかんやあって修理に旅立ちました(去年12月の話)


・・
・・・
しばらく前に再び我が家にやってきてテストプリントされたものがくっついてました。
DSCN5126.jpg
DSCN5125.jpg
DSCN5132.jpg
前にルークを作った時よりも綺麗っぽい

では早速使ってみるかと思いきや・・・・・
ノズルからフィラメント(材料です。この機種はPLAライク)が出てこねぇぇぇェェェ!!!
出てきたと思ってもマスキングテープに載ってくれない
Oh............

とりあえず、テーブル高さを再調整して今まで使用していた白色のフィラメントを橙色に交換してみる。
するとプリント出来ました!
スクリーンショット 2014-02-16
「Slic3r」のビューで見たデータです
DSCN5135.jpgDSCN5139.jpg
DSCN5140.jpg
あれ?
(つд⊂)ゴシゴシ
途切れてる箇所多いデスね。
(積層ピッチ0.2mm ホットエンド温度200~220℃)
(データはthingiverseから拾わせていただきました)

どうやらフィラメントの供給が途中で途切れたりしてしっかり積層できなかったりでその箇所が空白になってしまっていたようです。

試しに以前自分で作成したデータでもプリントしてみました。
スクリーンショット 2014-02-16 (2)
「Slic3r」のビューで見たデータです
DSCN5169.jpg
白色のは去年作成したものです。
オレンジのが今回作成したもの。

orz

もう一回設定を見直そうとスライサソフトの「Slic3r」を見たらいつの段階からか覚えてないけど充填率30%ぐらいになっていました(・ω<)テヘペロ☆
多分猫の後このデータを流す前に他にもプリント仕様としていたのが何点かあったのでその際にいじっていると思われます。

他にも見直をそうと思い
・テーブル高さを再調整
・マスキングテープを乾拭きしていたのをエタノールを使用して脱脂
・「Slic3r」の「Skirt」欄「Minimum extrusion length」を積層ピッチ分マイナスしてみる(ググったらそういう設定している方がいたので)
・ホットエンド温度を更に上げてみる
を試しました。

テーブルを再調整して「Minimum extrusion length」をいじったらマスキングテープに載るようになってきました。
更にエタノールを使用してみたところ造形物をマスキングテープ剥がすのがぐらいくっつきました。
ホットエンドの温度を230℃にしたところ無事に出てきてくれました。
室温を22~25℃ほどの環境にしていましたが冬だからもっとホットエンド温度を上げておかなければいけなかったのでしょうか?
上げ過ぎも材料が溶けすぎてしまってダメだと思うのですが材料と環境次第なんでしょうね。

しかし、まさか昔フリーマーケットでFCソフトやSFCソフトを購入した際に端子部洗浄のために購入していたエタノールが今になってまた役立つとは・・・(買っていたことを忘れていました)
薬局で買えるはずです。たぶん。当時は買えたんですけど今は知りません。

再調整して再び作ってみました。
DSCN5189.jpg
DSCN5181.jpg
DSCN5194.jpg

積層痕少しは良くなったかな?

猫にも再挑戦してみました。
DSCN5156.jpg
DSCN5157.jpg
DSCN5159.jpg

底面が良くなりったからか耳の先まで途切れている箇所無いようです。青いのは剥がれなかったマスキングテープ。
耳が少々グダってますが。

ルークも作っていればよかったのかもしれませんが再挑戦してないです・・・
そして白色フィラメントに戻すとこの条件でまた詰まるのがイミフです・・

そろそろモデリングにも時間を割きたいところです。
それではこの辺でまた会いませう。
スポンサーサイト
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す

   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。